学部・大学院

グローバル対応プログラム

教育現場のグローバル化に対応した独自プログラム

2011年度より小学校の「外国語活動」が必修化されたり、海外にルーツを持つ子どもの数が増加するなど、教育・保育現場でのグローバル化が加速する近年。英会話や、中国語・ハングル(韓国語)・ポルトガル語などの第二外国語の授業、さらに海外研修を通し、授業や外国人児童への対応力を身につけるとともに、グローバルな視点で教育・保育を考える力を養います。

毎日英会話

必修科目として「毎日英会話」を開講。毎日40分、年間100回以上、外国人教員とのコミュニケーションを通じて英語力を鍛え、世界で通用する英語資格「ケンブリッジ英検」にも挑戦します。さらに、子どもたちに英語を教えるスキルを養う科目も用意しています。

海外研修

夏季休業期間を利用し、オーストラリアのシドニー大学で4週間の研修を実施。現地の公立保育園や小学校、日本語学校で実習を体験します。国際感覚を磨くとともにオーストラリアの教育事情についても学び、異文化社会の抱える問題への理解を深めます。

第二外国語

東海地方には多くの外国人の子どもたちが暮らし、学校に通っています。こうした子どもたちと基本的なコミュニケーションが取れるよう、ポルトガル語(ブラジルの公用語)や中国語、ハングル(韓国語)を学びます。また、ドイツ語やフランス語も学ぶことができます。
学部一覧
大学院一覧