学部・大学院

カリキュラムの特色

あなたの関心のあるテーマをとことん探究

あなたの「やりたいこと」を見つけられる幅広い研究フィールドを用意。1・2年次に人間関係学の幅広い領域を学び、それらをベースに自ら関心のあるテーマの学びを深めていきます。

人間関係学の学び
家族と暮らし
新しい時代の暮らしから「家族」を考える
社会と福祉
一人ひとりにあった生活支援の創造
文化の多様性
世界の〈いま-ここ〉を考える
若者と居場所
自分の「居場所」をデザインする
学部共通領域
子どもと子育て
子どもの育ち・親になること
女性と就職キャリア
ライフキャリアの選択と自立
生/性の多様性
〈じぶん〉の生き方を探究
人間の多様性
ヒトと身体の可能性を探る

学びのポイント

専門科目を8つのモジュールによって体系化することで、4年間で自らが何を学び、何を研究し、何が身につくのかをイメージしながら、知識とスキルを磨いていきます。

モジュールシステム

モジュールとは、人間関係学部の多様な学びをテーマに基づきグループ化した科目群のこと。専門科目と演習をグループ化してプログラムすることで、効果的な学びを可能にするシステムです。学生はメインモジュールを選定し、卒業論文を作成することで、自らの専門分野を確立。同時に希望に応じて2つまでのサブモジュールを設定することで、社会のさまざまな分野での活躍を視野に入れた学びを展開します。

最大366通りの学び方

暮らしの中での人間関係を社会学的な視点から捉える中核的な4つのモジュールと、女性として今後の人生を歩むうえで出会うさまざまな人間関係を心理学の視点も交えながら学ぶ4つのモジュールを設定。卒業時には、身につけた専門分野を証明する「履修証明書」が発行されます。

社会で生きる多角的な視点を身につける

メインモジュールを確定することで自らの専門分野を早い段階から明確化し、将来を見据えて学ぶ姿勢を作り上げます。加えて、人間関係学部の幅広い学びの中からサブモジュールを選ぶことで、社会で必要とされる多角的な視点を獲得。社会や家族問題に深い洞察力をもった社会福祉士など、+αの知識をもつ専門職につなげます。

モジュール履修例

自分の興味や将来像にあわせてモジュールを組み合わせることができます。磨き上げた人間関係力は、福祉、教育、公務員、一般企業のさまざまな業種・職種など、社会の幅広い領域で生かせます。


福祉の現場へ

福祉の現場へ

児童福祉・高齢者福祉・障害者福祉の各領域において、日常的に発生する諸課題に柔軟に対応しながら、自分らしく生き、成長しようとする人たちの支援者として活躍する。

将来像
○社会福祉士
○ソーシャルワーカー
○児童福祉司


金融・販売・サービスの現場へ

金融・販売・サービスの現場へ

人間関係構築の実践で身につけた相手の立場で考えることのできる優れた想像力、知識の応用力を生かして、高品質なサービスを提供するスペシャリストとして活躍する。

将来像
○銀行
○保険会社
○証券会社
○営業職
○販売職
○サービス職


教育・行政・コミュニティの現場へ

教育・行政・コミュニティの現場へ

人間関係の構築、円滑化の実践で身につけたコミュニケーション力と社会に関する幅広い知識を活用し、市民生活に直結した問題を解決し、社会福祉の向上に貢献する人材として活躍する。

将来像
○国家公務員
○地方公務員
○NPO・NGO職員
○中学校教諭(社会)
○高等学校教諭(地理歴史・公民)


産業・ビジネスの現場へ

産業・ビジネスの現場へ

社会、文化にわたる幅広い教養と、人間関係の構築の実践で身につけた卓越したコミュニケーション力、リーダーシップを発揮して、多様なプロジェクトの推進役として活躍する。

将来像
○企業の人事・労務・教育部門
○企業の開発・マーケティング部門

学部一覧
大学院一覧