学部・大学院

カリキュラムの特色

心理学の幅広い領域の中から興味あるフィールドを選択

心理学科では、人間関係学と心理学の基礎を幅広く学んだうえで、自らの関心に合わせて各領域をより実践的に深く学んでいきます。

認知と行動

家庭や学校、産業社会など、さまざまな環境下での人間の行動における問題を探究。個人や集団の行動・心理・身体の理解によって心的過程を解明する理論や態度を修得する。

発達臨床

乳幼児期から児童期、青年期、成人期と、ライフステージとともに変化する心の発達過程を探究。さらに、教育が心の発達に及ぼす影響について考察する。

心理臨床と医療

ストレスとパーソナリティの相互作用によって引き起こされる心の不調について、そのメカニズム解明や援助方法に必要な心理テスト、カウンセリングなどの知識・技術を修得する。

子どもと子育て

子どもの育ち・親になること

女性と就職キャリア

ライフキャリアの選択と自立

生/性の多様性

〈じぶん〉の生き方を探究

人間の多様性

ヒトと身体の可能性を探る

学びのポイント

専門科目を7つのモジュールによって体系化することで、4年間で自らが何を学び、何を研究し、何が身につくのかをイメージしながら、知識とスキルを磨いていきます。

モジュールシステム

モジュールとは、人間関係学部の多様な学びをテーマに基づきグループ化した科目群のこと。専門科目と演習をグループ化してプログラムすることで、効果的な学びを可能にするシステムです。学生はメインモジュールを選定し、卒業論文を作成することで、自らの専門分野を確立。同時に希望に応じて2つまでのサブモジュールを設定することで、社会のさまざまな分野での活躍を視野に入れた学びを展開します。

最大210通りの学び方

心理学の専門性を深める中核的な3つのモジュールと、人間関係と捉え方がちがう4つのモジュールを設定。基礎から積み上げる心理学の学びの道筋を明確にしています。卒業時には、4年間で身につけた内容を証明する「履修証明書」が発行されます。

幅広い学びで複数の視点と力を身につける

自らの専門分野を早い段階から明確にすることで、将来を見据えた目標をもって学ぶ姿勢を作り上げます。加えて、人間関係学部の幅広い学びの中から興味に応じた専門科目を学ぶことで、社会で必要とされる多角的な視点を獲得。子育てや女性のキャリアに深い理解をもった心理職など、+αの知識をもつ専門職につなげます。

モジュール履修例

自分の興味や将来像にあわせてモジュールを組み合わせることができます。公認心理師、臨床心理士などの医療・福祉の分野だけではなく、公務員やNPO、一般企業のさまざまな職種など、多彩な領域での活躍が期待されます。


医療・福祉(心理の資格を生かした)現場へ

医療・福祉(心理の資格を生かした)現場へ

医療機関、各種福祉施設等において、チーム医療・チーム福祉の一員として患者さまや家族の心に寄り添い、心身の健康を見守るスペシャリストとして活躍する。

将来像
○公認心理師(対応予定)
○臨床心理士
○児童福祉司


教育・行政・コミュニティの現場へ

教育・行政・コミュニティの現場へ"

心理学の理論や知識とともに、体験を通して身につけた対人コミュニケーション力を駆使し、豊かな対話を通して市民ニーズを的確にとらえ、実践できる公共人材として活躍する。

将来像
○国家公務員(心理職)
○地方公務員(心理職)
○NPO・NGO職員
○中学校教諭(社会)
○高等学校教諭(公民)


金融・販売・サービスの現場へ

金融・販売・サービスの現場へ

心理学の応用的実践で身につけた相手の立場で考えることのできる優れた共感力、知識の応用力を生かして、高品質なサービスを提供するスペシャリストとして活躍する。

将来像
○銀行
○保険会社
○証券会社
○営業職
○販売職
○サービス職


産業・ビジネスの現場へ

産業・ビジネスの現場へ

心理学の理論や知識を生かし、産業やビジネスにおける円滑な組織運営、顧客との対話を通した市場開発やブランド構築など、人の心理や行動がかかわる領域で活躍する。

将来像
○企業の開発・マーケティング部門
○企業の人事・労務・教育部門

学部一覧
大学院一覧