学部・大学院

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

該当学部・学科名

方針内容

人間関係学部

人間関係学部は、人間と人間関係及び人間の心理について、広範な知識、総合的な判断力及び深い洞察力を有し、人間と人間関係上の諸問題を解決することができる人に学位を授与します。
卒業者が身に付けるべき学士力の具体的な内容は次のとおりです。

  1. 人間と人間関係及び心理に関する幅広くかつ深い知識と理解
  2. 人と関わり、他者を理解する力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、問題解決能力
  3. 人間と人間関係上の諸問題を発見し、解決する態度
  4. 総合的、学際的な視点と知識を身に付け、人間関係上の様々な問題を分析する能力と技能を持ち、これまで獲得した知識・技能・態度等を活用して、今後の社会において、創造力、批判的思考力、実践力をもって人と関わって生きていく力
人間関係学科

人間関係学科は、人間と人間関係について、広範な知識、総合的な判断力及び深い洞察力を有し、人間と人間関係上の諸問題を解決することができる人材を養成することを目的としています。したがって、次のような能力・態度を身に付けた人に学位を授与します。

  1. 人間と人間関係に関する幅広く深い知識と理解
  2. 人と関わり、他者を理解する力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力
  3. 生活の中に人間関係に関わる諸問題を発見し、解決しようとする態度
  4. 総合的、学際的な視点と知識を身に付け、人間関係に関して獲得した知識・技能・態度等を活用して、今後の社会において、創造力、批判的思考力、実践力をもって人と関わって生きていく力
心理学科

心理学科は、人間と心理について、広範な知識、総合的な判断力及び深い洞察力を有し、人間と心理に関する諸問題を解決することができる人材を養成します。したがって、次のような能力・態度を身に付けた人に学位を授与します。

  1. 人間と心理に関する幅広くかつ深い知識と理解
  2. 人と関わり、他者を理解する力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力
  3. 人間や心理に関する諸問題を発見し、それらを科学的に分析し、他者とコミュニケートして実践的に問題解決を図る能力
  4. 総合的、学際的な視点と知識を身に付け、人間関係と心理に関して獲得した知識・技能・態度等を活用して、今後の社会において、創造力、批判的思考力、実践力をもって人と関わって生きていく力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

該当学部・学科名

方針内容

人間関係学部

人間関係学部は、本学部の教育目標を実現するために、次のことを意図してカリキュラムを編成します。

  1. 全学共通科目として「人間論」、学部共通科目として「人間関係論A」「人間関係論B」を必修とし、教養教育科目と専門科目をバランス良く配置します。
  2. 人間と人間関係及び人間の心理に関わる学問領域を学際的かつ総合的に探求できるように、幅広い分野の科目を開設し、学生の興味・関心・志向に応じて自由に科目を選択することを可能にします。
  3. 上記の目的のために、学部として11のモジュールを設けます。特に両学科を架橋する4のモジュールを設け、人間と人間関係及び心理を総合的に理解できるようにします。

  4. 1年次のファーストイヤーゼミ、2年次の基礎演習や心理学実験、3,4年次のケースメソッド・演習、あるいは各種の実習といった少人数の参加型授業を数多くし、緊密な人間関係のもと学習意欲を高めます。
人間関係学科

人間関係学科は、教育の目的を実現するためにカリキュラムを次のように編成します。

  1. 全学共通科目として「人間論」を必修とし、教養教育科目と専門教育科目をバランス良く配置します。
  2. 専門教育科目は、学部共通科目として、「人間関係論A」「人間関係論B」を、学科共通科目として「人間関係の諸相A」「人間関係の諸相B」「人間関係の諸相C」「人間関係の諸相D」などを必修とし、人間関係に関わる多様なテーマに焦点を当てた科目を配置します。
  3. 多様な関心を持った学生が、各々の関心に合わせて科目を履修できるよう、人間関係に関わる幅広い分野にわたるモジュールを設けます。「文化の多様性」「家族と暮らし」「社会と福祉」「若者と居場所」「子どもと子育て」「生/性の多様性」「女性と職業キャリア」「人間の多様性」の8つです。1つ以上のモジュールの履修を卒業要件とし、卒業時に卒業証書に加えてモジュールの履修証明を交付します。
  4. 1年次に人間関係についての各領域の基礎的内容を理解するための「基幹科目」を中心に履修し、2年次に「基礎演習A」「基礎演習B」を、3年次には「卒業論文事前指導ゼミ」を、4年次には「卒業論文」を配置します。学生の勉学への能動性・積極性を高めるために、「ケースメソッド」「演習」など少人数対話型の授業あるいは体験型の授業を、3,4年次に多く配置します。
心理学科

心理学科は、教育の目的を実現するため、次のような方針に基づいてカリキュラムを編成します。

  1. 全学共通科目として「人間論」を必修とし、教養教育科目と専門教育科目をバランス良く配置します。
  2. 専門教育科目は、学部共通科目として「人間関係論A」「人間関係論B」を、学科共通科目として心理学の基礎科目と方法論である「心理学概論」「心理学研究法」などを必修とし、学生が、人間と心理に関する基礎的知識や汎用的技能を身につけた上で、発展科目や関連科目を履修することができるように配置します。
  3. 多様な関心を持った学生が、各々の関心に合わせて科目を履修できるよう、人間と心理に関わる幅広い分野にわたるモジュールを設けます。「認知と行動」「発達臨床」「心理臨床と医療」「子どもと子育て」「生/性の多様性」「女性と職業キャリア」「人間の多様性」の7つです。1つ以上のモジュールの履修を卒業要件とし、卒業時に卒業証書に加えてモジュールの履修証明を交付します。
  4. 1年次に心理学全体及び各領域の基礎的内容を理解するための「基幹科目」を中心に履修し、2,3年次に各人が探求したい領域における専門的な講義である「発展科目」を中心に履修し、3,4年次に少人数でより具体的・実践的な問題に学生自身が主体的に取り組む「ケースメソッド」「演習」「卒論事前指導ゼミ」を中心に履修して、4年次の卒業論文につなげるようにします。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

該当学部・学科名

方針内容

人間関係学部

人間関係学部は、人間と人間関係及び人間の心理に関する専門の学術を学際的かつ総合的に教授研究します。本学部は、広範な知識、総合的な判断力及び深い洞察力を有し、人間と人間関係及び心理に関する諸問題を解明・解決することができる高度な人間関係力を備えた人材を養成します。本学部では以上の目的を共有する強い学習意欲のある人を受け入れます。

人間関係学科

人間関係学科では、教育上の目的を実現するために、授業科目を履修する上で必要な基礎的な能力及び学習意欲を持ち、さらに以下の能力関心を持った人を受け入れます。

  1. 自分自身や自分の周囲の人との人間関係やそれを取り巻く社会に強い関心を持っていること
  2. 自分から問題や課題を発見しその解決に取り組もうとする積極的な意欲や態度を持っていること
  3. 高校までの勉学を通して、学習の場でのコミュニケーションに必要な理解力と表現力を身に付けていること
心理学科

心理学科では、教育上の目的を実現するために、授業科目を履修する上で必要な基礎的な能力及び学習意欲を持ち、さらに以下の能力関心を持った人を受け入れます。

  1. 人間や人間関係に強い関心を持ち、人間のこころについて強い関心を持っていること
  2. 心理学に強い関心があり、そのなかで課題を発見し解決しようとする積極的な意欲や態度を持っていること
  3. 高校までの勉学を通して、基礎学力を身に付け、心理学的な事象に対する知識を活用して判断し、主体的にコミュニケーションする能力を持っていること
学部一覧
大学院一覧