学部・大学院

カリキュラムの特色

試験直前まで続く国家試験対策

国家試験ガイドラインに対応したカリキュラムのもと、充実した国家試験対策を実施。全員受験をめざし、1年次から通常の授業の中で少しずつ過去の国家試験問題に挑戦します。以後、定期的に模擬試験を実施するなど、4年次に本格化する試験対策の勉強に備えます。4年次には、週1回の対策をベースに、実践的な対策を試験直前まで行います。

対策講座との連携で、さらなる得点アップをめざす

社会連携センターが開講するキャリアアップ講座の「管理栄養士国家試験対策」では、試験の傾向や最新データの紹介をはじめ、重要ポイント・頻出事項を整理して確かな理解と得点アップを応援します。

全員で取り組む卒業研究&将来を見据えた学び

3年次から全員が研究室に所属し、少人数のグループで卒業研究に取り組みます。1年次から学んだ知識やスキルを使い研究課題に挑戦することで、課題解決能力を養成。また、仲間たちと切磋琢磨し、国家試験や就職活動へのモチベーションを高め合っていきます。「臨床栄養」「食育と健康」「食品産業」に関する分野での活躍を視野に、プラスアルファの学びを用意。各自がそれぞれのキャリア目標に応じて選択します。

充実した実験・実習

管理栄養士、臨床の現場を熟知する医師、薬剤師の資格を持つ教員が、幅広い分野を指導。また学内に高度な研究設備を有し、理論の学びとともに豊富な実験・実習を用意しています。臨地実習での経験を確実に身につけるため、実習前後のマンツーマン指導など、きめ細かなサポートを行っています。

学部一覧
大学院一覧