学部・大学院

実習

数多くの多彩な実習先で、4年間を通して現場を体験

実習先は、名古屋市内の主要な基幹病院が中心。名古屋大学医学部附属病院や名古屋市立大学病院をはじめ、地域に根差した総合病院、救急医療を扱う病院など、さまざまな役割を持つ実習先で学びます。複数の病院で実習を行うことで、それぞれの看護に対する考え方や看護場面の実際を数多く知ることができ、将来の職場選びにも役立ちます。

多様な実習先で経験するメリット

【メリット1】幅広い看護実践力の獲得
さまざまな医療現場で多様な臨床経験を積むことで、地域に根差した保健医療の場から、都市圏での先端医療の場まで幅広く対応できる看護実践力を身につけられます。
【メリット2】看護に対する多様な視点の獲得
多様な医療現場でさまざまな症状やバックボーンを持つ患者と接することで看護職者としての視野が広がり、総合的な看護力の向上につながります。
【メリット3】進路選択に役立つ情報の獲得
大学病院、国公立の基幹病院、民間の総合病院のほか、訪問看護ステーションや保健所など幅広い看護の現場を経験することで、自分に合った職場を見つける機会が広がります。
画像クリックで拡大表示されます。

早期体験実習

1年次の早い時期に看護の現場を見学することによって、看護学生としての自覚を持ち、将来看護師となるべき自分が今後何をすべきかを考えます。

実習・就職サポート

3年生を対象に、実習病院をはじめとする中部地区の病院担当者を招き、ブース形式で直接話を聞くことのできる『病院案内会』を開催。

実習の流れ

4年間を通じ、段階的な実習を実施。
全ての実習において、本学の教員が常に直接指導を行い、実習先の指導者と綿密に連携をとりながら実習を進めます。 分からないことや困ったことがあればすぐに相談できる環境を整えているため、安心して実習を行うことができます。

実習の流れ

臨地実習調整室

臨地実習調整室では、実習施設の開拓をはじめ、看護の全領域における視点を持ち、大学と実習施設との情報交換や調整などのコーディネートを行っています。保健・医療行政の社会的動向を注意深く把握しながら、実習施設との良好な関係づくりを大切にし、学生が実習しやすい実習先の確保を目指しています。また、インターンシップの利用相談や就職情報も提供。実習センターには、愛知県内の主な病院や看護部の特徴はもちろん、専門看護師、認定看護師といった人材育成プログラムなど、卒業後の進路を考える上で参考になる情報をそろえています。
学部一覧
大学院一覧