学生生活

災害時の対応

【警報発令時の対応】

愛知県尾張東部地域または同地域内のいずれかの市町村において暴風警報が発令された時、下記のように対応します。
午前7時前(7時を含まない)に解除された時

通常どおり

午前7時現在で発令されている場合

1・2時限休講

午前11時現在で発令されている場合

終日休講

在校時に発令された時

授業や試験または大学行事は、大学の指示により、休講または中止となります。

【注意事項】

  • 暴風警報が通学範囲内に発令されている場合、学生は登校を控えてください。
  • 暴風警報以外の警報発令時において交通機関が運休した場合、または身体の危険を感じた場合も、学生は無理な登校をしないでください。
  • 以上の場合には後日、遅滞なく担当教員に申し出てください。

尾張東部地域:名古屋市、瀬戸市、春日井市、犬山市、小牧市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、東郷町

【東海地震への対応】

本学所在地の名古屋市・日進市は地震防災対策強化地域(事前予知のための観測が行われている東海地震について、「著しい地震災害が生ずるおそれがあるため、地震防災に関する対策を強化する必要がある地域」)として指定されています。
本学では、「各学校自衛防災組織」「緊急連絡網」「備蓄非常食の整備計画」「緊急用具類の整備計画」「罹災時の安否確認の方法」「東海地震に関連する情報への対応」「防災倉庫の設置」「学生用マニュアルの作成」を対応項目として掲げ、整備しています。
本学では、「災害(地震)対応マニュアル」を作成しています。万一、地震が発生した場合は、マニュアルに従い行動をしてください。
東海地震に関連する調査情報が発令された場合
平常どおり授業を行います。
「東海地震注意報」および「東海地震予知情報(警戒宣言)」が発令された時
在校中の場合 授業や試験または大学行事は直ちに打ち切られます。 東海地震注意警報、予知情報(警戒宣言)の解除、または、地震終息が確認されるまでの間、休講とします。
授業再開など、その後の対応は報道機関や災害伝言ダイヤル、Smapのジャーナルで案内します。
在校中でない場合 授業や試験または大学行事を中止あるいは延期します。
「東海地震注意報」の後「東海地震予知情報(警戒宣言)」が発令されず「東海地震注意報」が解除された時
午前7時前(7時を含まない)に解除された時 通常どおり
午前7時現在で発令されている場合 1・2時限休講
午前11時現在で発令されている場合 すべて休講